東芝dynabook T350/56BW i5 SSD256GB
日本語の違い

東芝dynabook T350/56BW i5 SSD256GB

東芝dynabook T350/56BW i5 SSD256GB

「おぼえる」という言葉にはいろいろな意味があります。この記事では、「覚える」と「憶える」の違い・意味と使い分けについて解説します。

Upgrading Toshiba Laptop from HDD to WD Blue SSD

「覚える」は、「記憶する・習得する・感じる(知覚する)」などさまざまな意味があります。「記憶する」と「習得する」の違いは微妙ですが、前者は「脳にとどめる」ようなニュアンスで、後者は「体得する」と考えるとわかりやすいです(例文参照)。

  • 年号を語呂合わせで覚える。
  • 自転車の乗り方を覚える。
  • 心霊スポットへ行ったら、真夏なのに寒気を覚えた。
  • あなた様のお言葉とも覚えません。

小贾看好多地区发不了快递,心里瞬间慌了,决定暂停收苹果【外卖骑行侠】

「憶える」は、「記憶する」の意味で使われます。

  • 昔の出来事のほうが、よく憶えているものだ。
  • 亡き祖母が作ってくれたおはぎの味を、いまだに憶えている。

【パソコン修理】【TOSHIBA dynabook T350/56AB】起動しないパソコンからデータを取り出す

「覚える」には「記憶する」のほか、「習得する・知覚する」などさまざまな意味がありますが、「憶える」は「記憶する」という意味でしか使われません。これは、常用漢字表に「憶える(おぼえる)」という読み方がないからです。迷ったら、知識などに対しては「覚える」、思い出などに対しては「憶える」を使うようにしましょう。